フルーツの甘味と熱中症対策

フルーツの甘味と熱中症対策

category:塩にまつわるおはなし

2017年7月22日放送

夏になると食べたくなるものは何ですか?周りの人に聞いてみると、
食事メニューよりも、冷たいスイーツ、冷やして食べるフルーツが多かったです。
沖縄で栽培されているフルーツは多くありますけど
全国の収穫量の90%を超えるシェアがあるのは、パインアップル、シークヮーサー。
シェア100%というフルーツには、
スターフルーツ、アセロラ、カーブチーなどがありました。
旬のモノは体にも良いと言われ、それはフルーツも一緒です。
地域で採れた旬のフルーツ食べていますか?
日本ではスイカに塩は定番だと思いますけど
暑い地域のタイ、ベトナムなどでは、
いろいろなフルーツに塩をかけるのはよくある食べ方です。
フルーツにも少し塩をふりかけて食べると、
より甘味が増して感じられることも理由のひとつでしょう。
また、熱中症対策にも一役かってくれているようです。
より甘味が増すのはは、味を感じる舌の性質から。
甘味と塩味だと、塩味を先に感じ、その後に甘味を感じるので
より甘みを感じるというわけです。
酸味と苦味もある夏ミカンも、昔は塩をかけて食べるのが定番だったようで
酸味と苦味が抑えられるのだとか。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事