イースター タマゴ

イースター タマゴ

category:塩にまつわるおはなし

2018年3月31日放送

イースターをイメージしたパッケージのお菓子が販売されるなど
日本でもイースターが知られるようになっています。
キリストの復活をお祝いするイースターはキリスト教にとってとても大切な日で
お正月やお盆のように家族で集まり過ごしたり
また、春のお祭りとして楽しむかたもいらっしゃるようです。
ちなみに、太平洋にうかぶイースター島は、
イースターの日に発見されたことから島の名前がつけられたと言われていて
島に暮らす人々は、大きな島を意味するラパヌイとも呼んでいるそうです。
イースターを象徴するのはタマゴとウサギですけど
カラフルにデザインしたタマゴやタマゴをかたどったお菓子などを隠して探したり
料理ではイースターにちなんだパンや肉料理、
タマゴを使ったメニューなどがテーブルに並びます。
さて、タマゴを使った料理は色々ありますけど
シンプルなゆでたまごを作るとき、お湯に塩をいれませんか?
この塩は味をつけるためでなく、
茹でている途中で殻が割れて白身(卵白)が出てきたときに固まりやすくするため。
熱を加えることでたんぱく質=タマゴが固まっていくのですけど
水に塩を入れることでそのままの水よりも固まる温度が下がるため
固まりやすくなるということです。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事