サマータイム・暑さ対策

サマータイム・暑さ対策

category:塩にまつわるおはなし

2018年4月07日放送

4月から10月頃のある一定期間、時計を1時間進めるサマータイム・夏時間制度を
アメリカやヨーロッパなど多くで実施されています。
日本では数は少なく、また海外に比べると短い期間に
サマータイムを行っている地域もあります。
日照時間の長くなる夏の時期・明るい時間を有効に利用しようという取り組みで
時計を1時間進めることで、いつもより早起きになりますけど
日が暮れるまでの時間がいつもより長くなります。
その分、仕事や学校を終えてから、
家族や趣味の時間といったプライベートタイムを充実させることができれば
有効な時間利用と言えそうです。
また、外での仕事の多いかたがサマータイムを導入すると
暑さが厳しくなる日中を前に作業を進められ
熱中症対策のひとつの方法になるかもしれませんね。
これから梅雨・本格的な夏を迎えますけど
3月後半からすでに晴れた日には最高気温が25℃を超えることもあり
暑くなってきています。
体が暑さになれていない時にも熱中症になる可能性があるといいますから
大量の汗をかいたら塩分・水分の補給、涼しく過ごす工夫など
いまの時期からでも暑さ対策、熱中症予防を心がけるのは良いことだと思いますよ。
 「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事