フィンランド

フィンランド

category:塩にまつわるおはなし

2018年6月02日放送

北ヨーロッパに位置するフィンランド共和国に、どのようなイメージをおもちですか?
森と湖の国、1、000の湖がある国とよばれているのは良く知られていますけど
サンタクロース、ムーミン、オーロラ、白夜、サウナなどいろいろと浮かびませんか?
ちなみに、湖ですけど実際には190,000ちかくあり
国土のおよそ1割が水域で7割以上が森なのだとか。
フィンランドでは夏に白夜を迎えます。
縦長の国なので訪れる地域によってもことなりますけど
一日中太陽の沈まない日が2か月以上続くのは、6月から7月頃。
この時期には、沈まない太陽を楽しもうと
地元のかたはもちろん、観光で訪れるかたにも
不思議な空を、森の緑が広がる水辺・湖の近くで過ごされるが多いそうです。
フィンランドではキノコやベリーが野生に育つ場所があり
白夜が味をより美味しくしているとも言われ、
夏場7月と8月にはベリーがたわわに実り
ベリー狩りを楽しむ姿や、ベリーを使ったデザートも多く味わえます。
フィンランドや北ヨーロッパではイベントが行われるほど人気の食材に
リコリスとサルミアッキがあり、調味料のような感覚で使われているようです。
リコリスは健康に良いと言われるハーブの根っこの部分で甘味が強く、
リコリスに塩化アンモニウムを混ぜたのがサルミアッキで
コチラは塩味が強く感じられ独特の味わいなのだとか。
甘味と塩味がいっぺんにとれるなら、熱中症対策にもいいのでしょうか?
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事