パン

パン

category:お塩とお料理のおはなし

2018年7月14日放送

小学校の給食で想い出に残っているメニューを聞かれて
揚げパンと答えるかた、あなたの周りにもいませんか?
私たちに馴染みのある甘~いきなこがまぶされた揚げたパンですけど
世界では地域独特の揚げパンが様々あります。
それも、どれも美味しそうです。
エンパナーダ、エンパナダスは、パンで包むという意味で
中南米で広く親しまれています。
ひき肉に、好みの野菜・玉ねぎやオリーブ・トマトなどを皮で包んで揚げます。
三日月のような形でふっくらとしていて、ミートパイのよう。
ロシアでは主食のパンのなかでもよく知られているのはピロシキでしょう。
丸いふっくらした形のイメージが私にはあるのですが
形は地域や家庭によって異なり、ベースとなるものだけで数十種類あると言われ
地元では上げるのではなく、焼きあげるのが定番のようです。
肉や魚、野菜、きのこといったおかずになるものだけでなく、甘いピロシキも。
ヨーロッパ、リトアニアも主食はパン。
なかでもライ麦の産地として知られ、黒パンが主流。
細切りの黒パンにガーリックをつけ揚げ、好みで塩とハーブをふりかける
ケプタ・ドゥオナは、食事タイムだけでなく、酒のつまみにも人気なのだとか。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事