丑の日

丑の日

category:お塩とお料理のおはなし

2018年7月21日放送

きのう、鰻を召し上がりましたか?
今年の土用丑の日は残り3回、8月1日、10月25日、11月5日です。
土用の丑の日は季節ごと、立春・立夏・立秋・立冬 それぞれにあり
いずれもおよそ18日間前から土用の期間に入ります。
1年を表すのに西暦・年号以外で、干支がありますけど
日付の1日・1日にも、干支が用いられていて
丑の日にあたる土用の日が、土用丑の日です。
季節の変わり目には体調を崩しやすくなります。
健康的な食生活、健康を保つのはまずは食事からという考えをもとに
季節の変わり目にあたる土用丑の日に
栄養豊富な「う」のつくものを食べる風習があり
それが鰻を食べると定着したと言われています。
うがつく食べ物には、夏バテ対策にも良いと言われる、梅干し。
食欲がない時には、冷やし・うどん。
また、ウリ科の植物も。夏が旬・ゴーヤー=ニガウリもあります。
鰻を食べるのも、タレがおなじみだと思いますけど
古くは潮=うしおとも呼ばれていた、塩焼きにするのはいかがでしょうか?
夏の土用・二の丑は、8月1日です。
あなたは「う」のつくナニを召し上がりますか?
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事