梅干し

梅干し

category:お塩とお料理のおはなし

2018年8月04日放送

梅の産地と聞くと和歌山県がすぐに思いつきませんか?
和歌山県田辺市は梅の出荷量が日本一で
本格的な梅栽培が始まったのは江戸時代とされ
南高梅=なんこううめは、梅干し作りに適していて
古城梅=ごじろうめと同じようにジュースや梅酒にも利用されるものなど
多くの種類が栽培されています。
南高梅は、梅雨時期に収穫を行い、この時期
夏に天日干しを行い梅干し作りが行われるそうで
今年も天日干しが始まっています。
梅は医者いらずという言葉があるように
古くから体の調子を整えるものとして薬として考えられていて
現在でも、梅の実を燻製にした烏梅=うばいが漢方で用いられています。
梅干しに含まれるクエン酸は、疲労回復、整腸作用を助け、
食欲の増進にも効果があると言われています。
夏バテの予防にも良さそうです。
家庭でも梅干しは作れます。
洗った梅の水気を切り、ヘタをとり、
密閉容器などに梅と塩を交互に入れて密閉することから始まります。
この時の塩は、粗塩が適しているそうですよ。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事