正月料理

正月料理

category:塩にまつわるおはなし

2018年12月29日放送

今年もきょうを入れて残り3日。
沖縄の正月料理にも欠かせないターンム=田芋の収穫がピークを迎えていることが
話題になっていたのを聞いて、もうすぐ新年だと少し実感がわいてきました。
ターンムは水がきれいで豊富にある場所でないと育たず
親芋から子芋が沢山できることから、子孫繁栄を願う。縁起物の料理。
私にとっては、祖母が作る生姜の入った田楽が正月の定番です。
県外の正月料理に欠かせないイメージのある新巻鮭。
召し上がったことがなくても、ニュース映像などで
販売されている様子は印象に残っていませんか?
鮭は「災いを避ける」、イクラは「子孫繁栄」につながる縁起もので
新巻鮭は、鮭の内蔵を取り除いたあとに塩漬けした保存食品です。
古くは室町時代には食されていて、
諸説ありますが、塩を粗く巻いたから荒巻になったというももの。
塩漬けすることで長期保存が可能ですが
塩の分量が多いと日持ちが長く、少ないと短くなり
甘塩・中塩・辛塩などで区別できるそうですよ。
さて、今年もシママース本舗 株式会社青い海とGala青い海をご愛顧くださり、
また番組もお聞きくださり、ありがとうございます。
どうぞ、みなさまよいお年をお迎えください。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事