category:お塩とお料理のおはなし

2019年3月02日放送

ひなまつり・桃の節句は、
女の子だけの健やかな成長と健康を願うものではなかったものが
江戸時代にかわったと言われています。
ご家庭によっては雛人形を飾り、縁起物のひし餅、ひなあられ、はまぐりのお吸い物、
ちらし寿しなどを用意しお祝いされるでしょうね。
桃の節供はひし餅。端午の節句はかしわもちのように
餅を使った料理や菓子は、お祝いや記念する日に食べる風習、
お供えにかかせなったりします。
旧暦12月8日のムーチーの日は沖縄独特ですけど
奄美では3月3日、沖縄でも古くからある浜下り(=はまうり)と同様に
浜辺へでかけ、奄美名物のふちもちという餅を食べる風習があります。
これもムーチーと同じなのですけど、月桃の葉で餅を包むそうですよ。
ちなみに黒砂糖で甘くしたよもぎの味付けがなのだとか。
甘いお餅が多いイメージありませんか?
埼玉県北東部には古くから伝わる名物、塩あんびんという、塩味のもちがあります。
あまじょっぱいではなく、塩。
砂糖をつかわずに小豆に塩だけの、珍しい餅のお菓子
機会があれば食べてみませんか?
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事