うなぎ

うなぎ

category:塩にまつわるおはなし

2019年7月27日放送

きょうは色々な場所で、土用の丑の日・うなぎが話題にのぼっているでしょうね。
春夏秋冬、それぞれの季節でも、例えば夏まっさかりと季節の変わり目では、
気温や風の吹き方に違いがありますよ。
そこで季節ごとにさらにわけ表したのが二十四節気。
数字の通りに24にわけていて、
その二十四節気をさらにわけて、日本の風土・気候にあわせて出来たのが雑節で
土用の丑の日はこの雑節のひとつです。
日本では古くから、
丑の日には名前に「う」がつく、それも「う」で始まるものを食べるのは
体に良いと考えられていたそうで
なかでも鰻が人を集めた江戸時代から、
土用の丑の日には鰻というのが定番になったようです。
我が家では、料理酒・クッキングシートを使って焼くのが多いのですが
味付けをどうするか・・・どう食べるかは好みがわかれます。
甘辛い蒲焼きは丼や冷やしそうめんのトッピング、
鰻本来の味わいを楽しめると言われる白焼きだと、
塩をメインに山葵を少しつけて。
また白焼きを、塩味・蒲焼きと半分にして頂いたりしています。
 「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事