エチオピア

エチオピア

category:塩にまつわるおはなし

2019年8月24日放送

県民性を表す言葉としても使われるウチナータイム。
集合時間に家を出るといった例が取り上げられますけど、もちろん人それぞれ…
世界を見るとエチオピアタイムがあります。
エチオピア連邦民主共和国独自の時間のことです。
日本の朝6時が、エチオピアでは日付のかわる零時にあたり、
また、1年は13月まであり、もうすぐ2012年を迎えるそうです。
アフリカの中でもアフリカらしさを感じられる国と例えられる、エチオピア。
豊かな自然、歴史的建造物・街並みの魅力だけでなく
世界一過酷と話題をあつめるダナキル砂漠ツアーが人々の心を掴んでいるのだとか。
そこでしか見ることのできない光景や体験だからこそ。
太古から活動しているとされる火山登頂、
塩分を含んだ水が吹き出しできる色鮮やかな泉、
砂漠を進むラクダのキャラバン隊。。。
ラクダが運ぶのは塩湖から得た塩です。
ダナキル砂漠には多くの塩湖があり、身体が浮く濃い塩分濃度の湖や
広大な湖の水が干上がると塩の結晶で一面真っ白に見えるほど塩の塊になることも。
その切り出した塩をキャラバン隊が運んでいるのです。
 「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事