勤労感謝の日

勤労感謝の日

category:塩にまつわるおはなし

2019年11月23日放送

勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝し合う。のが
国民の祝日のひとつ、勤労感謝の日。
どの言葉に注目するかで、勤労感謝の日のイメージがかわってくるかもしれませんが
もともと農作物の収穫に感謝する祭事から変化したもので
様々な人の努力や協力があってこその日々の暮らし、
支え・支えあっていることに改めて想いをはせる。。。そう考えると
沖縄のゆいまーるにも繋がる言葉でもあるように思います。
アメリカにはレイバーデー=労働者の日を意味する祝日がありますけど
このレイバーは、ラテン語の働くというラボーラーレに由来しているそうです。
現在も世界の各地で使われている言葉のなかには
ラテン語を語源にもつものが多くあります。
例えば、働くことに繋がる言葉にはサラリー。
諸説ありますけど、働いた報酬を生きるうえで欠かせず、
生産するのが難しかった塩で支払ったことや
お金で報酬が支払われるようになってからは、塩を買うためのお金から転じて
ラテン語の塩を意味するサーと、塩の◯◯となるサラリウムから
塩を買うためのお金が、塩の金になり、
サラリー=給料という言葉になったと考えられているそうです。
  「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事