お歳暮

お歳暮

category:塩にまつわるおはなし

2019年11月30日放送

あすから12月。
そろそろお歳暮の用意を進めようと考えているかたもいらっしゃるでしょうか。
感謝の気持ちこめて贈るかたの好みや家族構成なども考え贈るお歳暮。
すぐに役立つと重宝されているのでしょう、
県外では、正月・おせち料理に欠かせない料理の数の子もあるようです。
正月料理は、年の始まり。より良い1年を迎えられるようにと縁起を担ぎ
また日持ちする料理が多いイメージがあります。
沖縄ですと、子孫繁栄を願う田芋料理。
喜びを表す昆布巻きは県外でもおなじみですけど、
まく魚は地域によってことなるようです。
田芋料理と同じように、子孫繁栄の願いが込められている数の子。
多くのを卵を持つニシンの卵なので子孫繁栄、
古くから縁起をかついで食されていたと言われています。
塩漬けすることで長期保存が可能になった塩数の子。
たっぷりの塩が使われているので、塩抜きし食します。
ゆっくりと時間をかけて薄めの塩水で塩抜きするのがポイント。
また、抜きすぎると美味しさが損なわれるので頃合いを見極めるのもポイントです。
水に塩をいれるのは浸透圧で塩分濃度が近くなり抜けやすくなるから。
  「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事