冬至

冬至

category:塩にまつわるおはなし

2019年12月21日放送

北半球では1年のうちで夜の時間がもっとも長くなる冬至、あすです。
アジアの広い範囲で、二十四節気のひとつとして、昔から馴染みがあると思いますけど
ヨーロッパなどでも大切な日と考えられていたようです。
冬至をすぎると徐々に日のさす時間が長なっていくことから
それを祝い、邪気を払い、今後の吉凶を占う、
冬至の古くからの風習には、健康を願い縁起をかついが食事をとったり
冬至を境に運気もあがっていくとの考えもあったようですよ。
冬至の頃に新しい年にかわるという考え方が古代ヨーロッパであったこと、
沖縄で冬至正月という言葉が残る地域もあることから
太陽と日付には密接な関係があったことが伺えます。
寒い冬には体調を崩しやすくなります。
冬至の食事には、県外では栄養をとるにもぴったりのかぼちゃ以外にも
最後に「ん」のつく、きんかん、ぎんなん、れんこん、人参、大根、うどん などを
食することが多いようです。
トゥンジュージューシー以外のメニューに、
「ん」がつく定番のかぼちゃを、塩煮でいただくというのは如何でしょうか?
 「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事