島野菜(島らっきょう)

島野菜(島らっきょう)

category:塩にまつわるおはなし

2020年2月29日放送

沖縄で親しまれている伝統的な野菜。
ゴーヤー=苦瓜、ナーベーラー=へちま、島人参、島らっきょう。
熟す前のパパイヤ、紅芋などなど。
亜熱帯の気候が独特の植物が育つ環境というのもありますけど
県外産と食感や味わいにも変化でるものもあります。
いま旬を迎えている、島らっきょうもそのひとつだと思います。
県外産よりも細く・小ぶり、香り・辛味の強さが特徴的で
長期保存は難しく、生でそのまま、塩漬け、チャンプルー=炒めもの、
天ぷらなどのたべ方、また、白い実の部分だけ、一緒に茎の部分、茎だけと
バラエティ豊かに楽しめるのも魅力です。
手軽な塩漬け、軽く塩をふった島らっきょうに鰹節をかけたり、
辛味が苦手なかたはゴーヤーチャンプルーのようにタマゴ一緒に炒める。
あなたのお好みはどのような調理方法でしょうか?
シママース本舗 青い海のサイトにある
レシピ集には、島らっきょうと青い海あらじおなどを使ったサラダのページもあります。
島らっきょうが手に入ったらレシピを見てためしてみませんか?
ちなみに、島らっきょう生産量県内1位の伊江島は
3月6日を島らっきょうの日と制定しています。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事