エジプト

エジプト

category:塩にまつわるおはなし

2020年5月16日放送

世界三大美女といえば、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町。
でも、小野小町の名前があがるのは日本だけで
多くの国ではギリシャ神話に登場する女神のヘレネーであったり
国それぞれに名前があがっているようです。
クレオパトラは古代エジプトの女王で、名前は何代にもわたり受け継がれていたのだとか。
エジプトを含めて4つの古代文明(エジプト、メソポタミア、インダス、中国)には
いくつかの共通点がありますけど、
大きな川の流域にあり、水が豊富なことから農耕にも適し
文明社会が広がっていたったと言われています。
豊富な水をたたえるナイル川は恵をもたらすものでもあり
雨が少ないと食料の危機や、塩分が土壌に残され作物の栽培にも影響を与えたのだとか。
塩分は土壌に影響を与えることもありましたが
食料の保存やミイラ作りにも利用されるなど
生活に活かされ生きるためにも欠かせないものでした。
食料では、魚を塩漬けや乾燥させることで日持ちさせるようにしたり
ミイラ作りの乾燥には大量の塩が使われたのだとか。
古代エジプトでは海水、塩分を含んだ淡水と海水が混ざりある汽水、
岩塩から塩を入手したと考えられています。
 「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事