北欧コーヒー

北欧コーヒー

category:塩にまつわるおはなし

2020年6月06日放送

6月6日はスウェーデンの建国記念日です。
スカンジナビア半島に位置し、国土のおよそ半分が森林。
北ヨーロッパでは自然は独り占めしてはいけない、自然はみんなのものである。
そのような考えが古くからあり、山林が私有地でも自由に通行が認められ
木の実やキノコなどを自由に採取することが基本的に許されているそうです。
沖縄には、休憩・一息いれることを、十時茶、三時茶と言いますけど
スウェーデンも同じように午前十時、午後三時の時間帯にコーヒーブレイクが定番で
仕事の合間にリフレッシュ、プライベートで家族や友人と語らう大切な時間なのだとか。
世界でも北ヨーロッパの国はコーヒー消費が多く
スウェーデン北部・ラップランドなどに暮らす
トナカイ遊牧民・先住民族のサーミもコーヒーを愛飲し
サーミ族、北ヨーロッパの地域によっては
角切りやスライスしたチーズをコーヒーに入れて味わうカフェオストや
塩を舐めながらコーヒーを飲み、身体を温めながら塩分を補給する
コーヒーブレイクを楽しんでいるそうです。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事