副菜

副菜

category:塩にまつわるおはなし

2020年8月29日放送

日本の昔ながらの食事は、地元で採れた旬の食材を活かした一汁三菜が基本。
この伝統的な食生活=和食がユネスコ無形文化遺産に登録された理由の一つに
栄養バランスがよく、健康に過ごす支えにもなっていることがあげられます。
旬のものは同じ野菜でも栄養価が高いといわれますけど
買い求めやすい価格、家庭菜園では一度に大量の収穫などで
短いスパンで食卓に登場することありませんか。
飽きないように、炒めたり、和えたり、味噌汁にと調理に工夫を凝らし、
ご近所にお裾分けするなど、ゆいまーるの精神・優しさや
和食の調理の豊かさも感じることができます。
毎回の食事でバランスよく揃えるのはなかなか難しいもの。
家庭では副菜を一つ増やす方法として、作り置き・冷凍食品・惣菜を取り入れる。
ゴーヤー、キュウリ、ナス、トマト、ズッキーニ、モヤシなど
(湯通しはレンジを利用したりお湯をさっとかけるだけ)
それぞれを単品、または組み合わせる、塩もみや浅漬けも手軽です。
さらに、鰹節・ゴマをふりかけ、
コーレーグース・ごま油・ツナ缶と混ぜるなどのアレンジも。
外食ではサラダを追加など、無理しすぎないところから始めるのはいかがでしょうか。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事