海水の塩分

海水の塩分

category:塩にまつわるおはなし

2020年9月12日放送

海水がしょっぱいというのは、口に含んだ経験のある方はもちろん、学びのなかで
塩分が含まれていると知っていきますけど
なぜ塩分が含まれるようになったのかは、宇宙誕生のビッグバンにも関係するようです。
私たち人間はもちろん、地球や、植物・動物など
元素の組み合わせで成り立っています。
宇宙が誕生してすぐにいつくかの元素ができ
何百億年もの時間のなかで星ができその星でも作り出され
星が爆発を起こすことでさらに宇宙へ元素が広がっていったと考えられています。
地球誕生の時すでに約90種類の天然元素が宇宙に存在していたことから
地球に液体の水分が存在して後、元素の結びつきや余分な成分が省かれるなど
塩分のもとがさまざまな条件を経て誕生、現在のような海水にったのだとか。
謎の多いビッグバンですけど、もし元素ができてなかったら…
地球に海水の出来る条件が揃っていなかったら
今の地球は別の星のカタチになっていたかもしれませんね。
「COPYRIGHT BY FM OKINAWA」

同じカテゴリの記事