シーサー

シーサー

category:塩にまつわるおはなし

2021年4月03日放送

4月3日は語呂合わせでシーサーの日です。
沖縄で、魔除け=災いを追い払う、守り神としてよく知られているのは
シーサーと石敢當でしょう。
石敢當は魔除けとして、道路の突き当りにあたる場所に置かれる石碑で
シーサーは家庭の屋根、地域などに設置されています。
地域は石獅子、家庭ではシーサーの呼び名で、厳密には役割が異なるようです。
石獅子は、地域に災いをもたすとされる方角を見るように鎮座し、
設置された願いは様々。
最古のシーサー=石獅子に認定され、県の指定有形民族文化財に指定されているのは
八重瀬町東風平富盛にあります。
県内を散策するとシーサー、石敢當をよく見かけますけど、
県外の方々のみやげ品や、贈り物・インテリアとしての人気もあり
シーサー・石敢當に本来の用途にアイディアがプラスされた品、外観も様々です。
シーサーには盛り塩が出来る形、調味料入れ・保存容器として使えるものもあります。
 COPYRIGHT BY FM OKINAWA

同じカテゴリの記事