ゆず香る、ホタテのシママース炙り焼き

【父の日レシピ】
殻つきホタテのゆず塩炙り焼き

いつも忙しいお父さんに父の日はサプライズ。 お料理屋さんで食べるホタテの炙りっておいしいですよね。今回は「父の日」の食卓を彩る簡単レシピを大公開。お塩を上手に使うことで、簡単でおいしい「殻つきホタテ」の炙り焼きができます。ぜひお試しあれ!

材料 (2人分)

香り立つゆず塩…適量
シママース…100g
殻つきホタテ…2個
エリンギ…2個
バター…20g
しょうゆ…適量
ネギ…適量

作り方

ホタテは冷凍でも美味しく出来上がりますが、各商品の解凍手順をしっかり確認しておきましょう。

[1]
ホタテをしっかり水洗いし、包丁やハサミなどを殻の隙間からさしこんでこじ開けましょう。このとき、ケガをしないよう十分に注意してください。
[2]
貝柱とワタを殻から切り分け、一口大にカットしましょう。貝柱やワタの形をのこしたまま召し上がりたいという場合にも、あらかじめ殻からは切り分けておいた方が食べやすいでしょう。
[3]
切り分けた貝柱とワタに『香り立つゆず塩』をふりかけよく揉みこみます。あとから追い塩もできるのでかけすぎないようにしましょう。色味と風味が感じられる程度で十分でしょう。
[4]
『香り立つゆず塩』を揉み込んだホタテを殻の上に戻し、細かく切ったエリンギを盛りつけ、その上にたっぷりのバターとねぎをのせます。
[5]
殻ごと、オーブントースターにいれ4~5分ほど焼きあげ、最後に少しだけ醤油とゆず塩を回しがけたら完成です。
【父の日レシピ】
殻つきホタテのゆず塩炙り焼き

シママースを100gほどお皿に盛り付け、お塩がしっとりとするまでエタノールをふりかけよく混ぜてお皿中央に固め、焼き揚げた殻つきホタテを載せて着火すれば、塩がろうそくの代わりとなって雰囲気抜群。お父さんも大喜びです! ※風通しをよくし、火傷に注意して行いましょう!

おすすめ商品