【秘訣】猛暑を乗り越える沖縄の夏料理

【秘訣】猛暑を乗り越える沖縄の夏料理

category:お塩とお料理のおはなし

2022年7月08日放送

沖縄の夏

南国沖縄の暑い夏を元気に乗り越えるのにピッタリな料理を紹介します。トラディショナルな沖縄料理で、沖縄でも常に愛されている夏料理ばかりです。特徴や素材なども明記していますので、沖縄料理に興味がある方は必見です。

沖縄料理とは

沖縄の暑い夏を乗り越えるにはどんな料理が好まれているのでしょうか。沖縄独特の夏料理があれば知りたい!という方もいらっしゃることでしょう。

沖縄の平均気温は30℃。最近では東京や群馬のほうが高い気温を記録することがありますが、熱帯気候に属する沖縄は日差しが特に強く、熱中症のリスクも高いといえます。
沖縄はそんな暑い夏を乗り越えてきた料理がたくさんあり、スタミナもついて美味しく食べられるものばかりです。

沖縄に伝わる料理は多くの場合、あっさり目の味わいが好まれます。暑い夏も乗り越えられるメニューは、観光で沖縄を訪れた際に召し上がっていただくのにもピッタリだといえます。

沖縄料理といえば塩

210414‗青い海とシママース

沖縄は塩の名産地として有名です。もちろん、沖縄料理にも沖縄の塩がよく用いられており、その土地に根付いた食材の味を楽しめるようになっています。素材からこだわった味付けは沖縄料理をいっそう味わいぶかく仕上げてくれます。

沖縄では塩のことを「マース」と呼んで親しんできました。沖縄には100種を超える塩が存在します。原料や製法も異なるマースは、それぞれに独特の味を持っています。ちなみに沖縄では魚を塩で煮込んだ「マース煮」と言う家庭料理もあり、マースが沖縄と沖縄料理に深く根付いていることが察せられます。

沖縄の夏料理

沖縄料理

沖縄の夏料理は暑い日にも食べやすく、食欲をそそるものばかりです。沖縄の夏料理は豚肉からゴーヤ、豆腐料理など沖縄独特のメニューばかりです。夏バテにも負けないような栄養満点の沖縄の夏料理は、暑い夏を乗り越える秘訣がたっぷり詰まっています。

以下では、暑い夏にピッタリの沖縄のメニューを5つご紹介します。

参考:シママース本舗レシピリスト

ゴーヤーチャンプル―

ゴーヤーチャンプル―

ゴーヤーチャンプル―は沖縄料理の中でも最も有名なメニューの一つです。スタミナがついて、ゴーヤも沖縄が産地なので、「地域の産物を活かしたメニュー」の一つだといえます。焼いた島豆腐とゴーヤー、野菜を炒めた料理で、苦味のあるゴーヤーを卵と絡めて食べるなど飽きのこない美味しさがあります。近年は沖縄だけでなく日本全国でも親しまれています。

ゴーヤーは下ごしらえとして塩もみをすると苦味を調整できるので、好みの味を探してみてもいいでしょう。

ソーメンタシヤー

ソーメンチャンプル

ソーメンタシヤーは「ソーメンチャンプルー」とも呼ばれています。あっさりとしたシンプルな味つけで、暑い日が続き夏バテ気味でもしっかりと食べられる、おすすめのメニューです。あっさりもちもちのソーメンを炒め、好きなお野菜などと絡めてヘルシーに食べられるため女性にもおすすめのメニューです。即席で炒めて食べることができるので、時間がないときにも簡単に作れ、手間がかからないメニューでもあります。

ラフテー

ラフテー

ラフテーは沖縄を代表する肉料理の一つです。豚肉を泡盛や沖縄のマースや醤油を入れてじっくり煮込んでいるので深みのある味わいを楽しめます。濃厚でコクを出して食べられるメニューなため、お酒との相性もよく地元沖縄では家庭料理としても親しまれています。豚肉には疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富に含まれているため、夏バテ予防にも最適です。

ナーベラーンブシー

ナーベーラー

ナーベラーンブシーはヘチマの味噌炒めで、ゴーヤーに次ぐ沖縄の特産物の一つです。トロトロと心地よい食感もあり、食物繊維も豊富で身体の調子を整えるのに効果てきめんな沖縄料理です。ヘチマにはビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、ナーベラーンブシーは美味しくて健康的な沖縄料理として、老若男女に親しまれています。

ジーマ―ミー豆腐

ジーマ―三―豆腐

ジーマ―ミーとは沖縄方言で落花生(ピーナッツ)を意味します。落花生を絞ったエキスに芋くずを溶いて固めた料理で、もちもちとした食感が特徴的です。あっさりとしながらも落花生のコクが効いた深みのある味わいで、食後のデザートにもおすすめのメニューです。アレンジもしやすく黒糖などの蜜をかけてお好みの味付けにできます。子どもや女性にも大人気のメニューでクセになる美味しさです。

まとめ

この記事では南国沖縄の暑い夏を元気に乗り越えるのにピッタリな料理を5つ紹介しました。これからの猛暑にそなえ、沖縄料理にチャレンジしてみてはどうでしょう?その時にはぜひ、沖縄で最も長く愛されてきた塩ブランド、シママース本舗青い海のお塩もお試しください。

参考:シママース本舗ラインナップ

同じカテゴリの記事